節約のターニングポイント

人生における節約のターニングポイント、それは人生のターニングポイントのタイミングとほぼ同一だとお考えいただいても問題ないかと思います。
また、こうしたターニングポイントでメリハリのあるお金の使い方をし、日常生活でいかに日々の節約を心がけるかによって10年、20年スパンで大きな差が出てくるのです。

就職というターニングポイント

まず、就職したときが最初のターニングポイント。実質ここでは無理な節約はやめましょう。スーツを取りそろえたり、おつきあいを増やしたり、自己投資を行ったり。ここは必要な投資であり、節約は必要あります。

むろん、できるとしたら、自己投資ではない趣味嗜好の高い買い物、利用頻度にもみあわない愛車購入などは控えたほうが間違いないと思います。

結婚というターニングポイント

次のターニングポイントは結婚です。これはお互いの考え化もありますが、セレモニーとしての投資は非常に高くなります。数百万円を投資すべきか、節約すべきかこれはお互いの意見をすり合わせたうえで決めるべきことだと思います。

一生に1回のことだからといって、無尽蔵にお金を使う必要はありません。結婚してからのことをしっかり考えていきましょう。

出産というターニングポイント

そして、次は出産です。ここで拙悪のことを考えることはないでしょう。むしろ、何人をそだてるのか、そしてどのようなきょうういくを受けさせたいのかで成人までに必要な経費を割り出し、そこに向けて、いかに節約を行っていくのかを検討する場面として考えるべきかと思います。

教育費とともに最も大きな出費は住宅です。一戸建て、マンション、持ち家、賃貸と様々な考え方があります。節約しようとするのであれな自分たちのライフスタイルでどのパターンがいいのかしっかり検討する必要があります。そして、この後は老後資金を検討する場面です。

まとめ

以上のように人生の様々なステージでいくら出費が必要かということが見えてきますのでそこから逆算していくら節約する必要があるのか検討すべきかと思います。
そして、何よりも節約で重要なのは日欧生活です。通信費、食費、車の維持費、保険ンプランニングなど自分自身、そして家族にとって、いかに無駄のないそして無理のない生活ができているかを常に吟味しておくことで節約につなげることができます。

ポイントとしては毎月家計簿をつけて、何にいくら出費しているかを把握して、節約可能なものは長期的に差し引いていくらプラスになるかイメージすれば動きやすくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です