通信費を見直して節約してみる

通信費を節約する事は現代社会にとって大きな課題でもあります。しかしながら利便性を伴いながらその通信費の節約を行う事は非常に難しいことであり、それなりのノウハウを持っていなければできないといえます。

現状分析の方法

まずは、現状分析を行うことが大事です。通信と言えばどうしてもインターネットと捉えがちですが、固定電話や固定回線インターネット、市外通話に関する所まで含めて全てチェックをする必要があります。そして自分自身がどのような利用する方法をとるのかによって無駄が見えてくるのが実態です。

もちろん、様々な通信を1つのキャリアにまとめてしまうことが最も安い事はわかっているのですが過剰なスペックになっていればそれも意味はありません。
例えば固定回線の電話が必要ないのであれば携帯電話にしてしまえば毎月の1,900円の基本利用料も必要ありませんし、回線基本契約料も必要なくなってきます。

固定電話、固定回線インターネットについて

しかしながら今の社会ではインターネットの環境は必ず必要だといえます。そこで自宅でヘビートラフィックな利用する場合は固定回線のインターネットを契約することをお勧めしたいと思います。逆に屋外でも相当利用を行う場合は使いたい放題で契約可能なモバイルルーターを契約することがお勧めです。1番まずいのは固定回線のインターネットも契約し、かつ、モバイルWi-Fiルーターの契約も行った上でスマートフォンを利用しているパターンです。

また、固定回線インターネットを利用する場合に考えたいのは光回線に電話、スマートフォンをまとめて契約することです。自分自身が利用すると考えた通信用途であれば1つのキャリアにできる限りまとめたほうが安くなるすることが可能になります。

携帯電話会社の契約について

携帯電話会社の契約に関しても節約する余地がたくさんあります。特に最近は格安スマホ会社がたくさん出てきていますので利用したいスマートフォンにこだわりがない場合やそれほどヘビーな利用しない場合であれば格安スマホ会社を利用することで毎月2,000円から3,000円の節約につながる場合があります。

そして、必ず行っておきたいのは家族で契約する場合は同じキャリアでまとめることです。家族間の通話はほとんどの通信キャリアで無料になりますし、家族割引がある以上は間違いなく節約につながります。

マイネオ

まとめ

以上のようにまずは自分自身の通信の契約状況を確認することから始め、必要な利用方法、必要ではない利用を差別化した上で実際の契約を見直すことが重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です